ボクは大の本好きです。書店で新刊を見極めるのが最もの楽しみで、何時間でもおることができます。買い物に立ち寄ると、初めて書店へアクセスが向きます。出で立ちが好きで服屋君が大好きなヤツ、ビデオが好きでビデオ館が大好きなヤツなど人の意図は玉石混淆だと思いますが、自分のお宝が分かっているということはいとも幸せなことだと最近になって思うようになりました。お宝に囲まれていると気合が誠に良くなるだけでなく、誰に対しても手厚く生まれ変われるような気がします。私の熱望は古本屋君のような剰余を組み立てることです。自分の好きなマガジンを集めて、それに共感してもらえる患者さまへマガジンを提供できたら、これほど嬉しいことはありません。絶版になってしまったような古臭いマガジンでも、すばらしいマガジンはたくさんあります。こんなマガジンを掘り出して、患者さまへ問い合わせ出来たらと思います。自分の醍醐味を業種にできたら心から幸せです。そのために目の前のことを一所懸命こなしながら、熱望を保ち続けたいと思います。