ちっちゃな政府などについて学校しました。1970時代の後述から、アメリカ合衆国や英では政府のあり方を付け足し、「ちっちゃな政府」への変更が主張されるようになりました。こんな理解の背景には、これらの世界中において財政落ち込みなどのデメリットもみられ、財政立て直しをはかるために歳出の削減を手がける不可欠があったことがあげられます。また、政府によるさまざまな制限が民間範囲の景気行いを泥沼させることもあり、景気は世界メカニクスを通して調整されるべきであるという思いが強まってきたこともあげられます。そして、可愛い政府のあり方について学校しました。世界メカニクスによって調整される範囲は、どんどん民間に移し政府の働きを縮小して、民間範囲の活性化を考えることが必要です。しかし、「ちっちゃな政府」への動きの中で経済的・社会的敗者が切り捨てられるようでは、「豊かな世間」を実現することができません。政府の働きをさらに是正、その面積やそのあり方について考えて行く必要があります。ひげ ミュゼ